地道が良い。涼しい風が吹く木陰が良い。
せせらぎの水音、風のささやき、小鳥のさえずり等、聞きながら歩くのが良い。
こんな気ままを探して、近くの里山を歩いています。

2013年03月17日

萩の台から民博の梅林

2013年3月17日(日)萩の台から民博の梅林

この間、梅街道と言って矢田丘陵に登った。ところが、雨に降られて、後半をやめた。
今日は、その後半を歩いてみようと思った。今回は萩の台から矢田丘陵に登った。
矢田寺にも、梅があるかも知れない。

「萩の台」
002-26.JPG


003-26.JPG


「登り口」
008-26.JPG

登り口から生駒の山並み。


012-26.JPG

015-26.JPG

017-26.JPG


矢田峠から矢田寺に下る。下りが結構あった。
当たり前だ。登っただけ下るのだから。


026-26.JPG

031-26.JPG


「矢田寺」
033-26.JPG


矢田寺には梅は無かった。
矢田坐神社から、民博へ、山麓を歩こうと思った。山崩れで工事中のため、通行止め。
やむなく、下に下りてしまった。方角はわかっているから、適当に歩いた。
偶然、矢田坐神社に出てしまった。


「矢田坐神社」
035-26.JPG


「民博公園」
038-26.JPG


「民博梅林」
042-26.JPG

044-26.JPG

051-26.JPG

057-26.JPG

060-26.JPG


「カンヒザクラ」
062-26.JPG

梅じゃ、ありませんぞ。家族づれが沢山遊びに来ていました。


「本多忠常の墓」
067-26.JPG


「郡山城」
073-26.JPG


075-26.JPG

077-26.JPG

078-26.JPG

郡山駅まで、本日の歩行距離、約12kmでした。


ハイキングや町歩きの記事は、裏木戸編にもあります。
下記URLをクリックして、ご覧下さい。
http://blogs.yahoo.co.jp/nishizawatadao




posted by さとやまのすくね at 19:20| 奈良 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気ままに歩く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月10日

矢田丘陵から黒谷梅林

2013年3月10日(日)矢田丘陵から黒谷梅林

曇っているが、天気図には高気圧しかない。雨が降るとは言っていない。
梅もそろそろ咲いただろう。青谷梅林は遠い。それに、花梅の方がいい。
今日は、矢田山梅街道にしよう。椚峠から矢田丘陵に登り、黒谷梅林、追分梅林、民俗博物館、郡山城と梅林をはしごするコースだ。

近鉄東生駒駅で降りた。
待てよ、この前、近鉄さんのハイキングで、間違って富雄団地に下りた道を、もう一度、調べてみよう。
東生駒駅から北の方に歩いた。

003-26.JPG


「池」
015-26.JPG

暇つぶしやと言っていました。私も同じですわ。
雨がぽつぽつし出した。又、やんだり、よくわからない。


019-26.JPG


021-26.JPG


033-26.JPG


「展望台」
038-26.JPG

東生駒駅の見えるところです。


043-26.JPG


「椚(くぬぎ)峠」
045-26.JPG


自動車道を越えて、南側に登ります。
この前、間違った道の方が、近くて、うんと、楽やった。


048-26.JPG


050-26.JPG


057-26.JPG


「迂回路」
062-26.JPG

通行止めは無視して、進みます。


068-26.JPG


「黒谷梅林分岐」
072-26.JPG


081-26.JPG


梅林の少し手前で、雨が本降りになってきた。


「黒谷梅林」
084-26.JPG

以前は枝が伸びていて、道におおいかぶさるように、花が咲いていた。大変綺麗であった。
枝を皆んな切ってしまって、3年目だ。ようやく、この程度だ。
花より、グロテスクな幹ばかり見えて、私は嫌いだ。

085-26.JPG


087-26.JPG

もはや、ここまで。
カッパをかぶって、富雄駅に帰る事にした。
本日の歩行距離、約11kmでした。


ハイキングや町歩きの記事は、裏木戸編にもあります。
下記URLをクリックして、ご覧下さい。
http://blogs.yahoo.co.jp/nishizawatadao











posted by さとやまのすくね at 19:02| 奈良 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 気ままに歩く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする